WHY SPECIAL
WHY SPECIAL

エコスタイル

#whyspecial

HOME // 選ばれる理由 // エコスタイル // オーガニック農法

オーガニック農法

オーガニック農法とは農薬や化学肥料を使わず、自然のサイクルにさからわない有機農法のことを意味します。有名なものでは、オーガニック・コットンがあげられますが、最近では竹素材などの新しい素材でも有機農法が検討されています。

オーガニック・コットンとは

1.大地

1.大地

植物にとって大地はまさに「母」であり、土壌(どじょう)はコットンをはぐくむ母体なのです。オーガニックコットンを育てる土壌の肥料には、牛糞や堆肥などの有機成分を使用します。もちろん、農薬や化学肥料が残留していない畑をつかいます。



2.雑草

2.雑草

生命力の強い雑草はコットンの成長を大きく妨げます。でも、オーガニックコットンの栽培では、除草剤を散布して草を枯らすのではなく、トラクターで土を掘り起こし、雑草を土に埋めます。

収穫の時を自然が教えてくれます

3.害虫

3.害虫

コットンを食い荒らす害虫は、雑草とともにコットンの大敵です。でもオーガニックコットンの農場では、殺虫剤の代わりにテントウムシなどの天敵が害虫をおさえてくれるのです。



4.収穫

4.収穫

さあ、収穫です。でも、機械でつみ取るには葉が邪魔です。でも、オーガニックコットンの農場では、落葉剤を散布したりせず、自然に霜が降って葉が落ちるのを待ってから収穫します。

紡績から仕上げまで環境にやさしい方法で

5.糸に

5.糸に

収穫されたコットンから糸や布が作られます。織りにかける時には、天然ワックスやデンプンを使います。いずれも、簡単に除去できる天然素材なので安心です。



6.布に

6.布に

ピースリングのオーガニックコットンは、染料を使わない天然色です。当然、皮膚を刺激するカチオン系柔軟剤も使用禁止で、ホルマリンの発生源もいっさい使用しません。


日本の国旗アイコン

MADE IN JAPAN

ピースリングの商品はすべて日本製です。日本の伝統にこだわったジャパンブランドです。

日本ハンドメイド協会のロゴマーク

ハンドメイド協会

日本から世界に向けてのブランド発信を応援します。>>協会認定講座のご案内

運営会社の案内をします。

会社案内

運営会社のご案内をしています。>> About us

ベネフィットステーションの四角いロゴ

ベネフィットステーション会員の方は、こちらからクーポンの発行を受けてください。


ご質問ですか?
お問い合わせフォーム